ブリコラージュと読書感想文

日々移り変わる興味関心や読んだ本の感想などを書き綴ります。

論文やレポートを書く前に、頭に入れておきたい「作文技術」をまとめた

以前、集中して論文を書く場合に適した執筆スタイルや時間配分についてまとめた。

bricolage.hateblo.jp

今回は別の視点から、論文やレポートそのものの書き方について紹介したい。

よりスムーズかつ良質な文章を作成する上で、抑えておきたいポイントをまとめた。

また、抑えておきたいポイントは、僕自身の経験と、一冊の本の両方から得られている。

その本は「理科系の作文技術」というもので、初版発行は1981年だが、僕の手元にあるのは2016年発行の81版(!)である。文章作成の入門書として定番的な名著と言えるだろう。

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 作者:木下 是雄
  • 発売日: 1981/09/25
  • メディア: 新書
 

 

日本語、英語問わず、ロジカルな文章を作成するのは、やり方を知らないと本当に苦痛だ。

ウンウン唸っても筆は一向に進まず、結局深夜テンションでよくわからないものを書き上げて提出してしまい、レポートは微妙な評価になり、論文は指導教員から真っ赤に赤入れされて返ってくる。

しかしながら、いくつかの基本事項を頭の隅に入れていることで、文章を書くのが大変スムーズになる。

また、研究室で後輩の文章を添削する立場になってからは、赤入れする側としてこれら作文技術を最初に知っておいてほしい、と思うようになった。

 

そういうわけで、論文やレポートを書くときに頭の隅に入れておきたい事項をいくつかまとめた。

f:id:boldmarker:20200704104236j:plain

最初に主題と話の流れを決める

論文でいうタイトルに当たる。タイトルは、研究成果の一番のポイント、強調したい内容を凝縮している。

なので、主題、タイトルを決めることで、文章全体の大まかな流れを、自然に決めることができる。

大まかな流れが決まれば筆も進みやすくなるし、逆に主題と関係ない内容や反する内容は、書かなくていいということになる。本文執筆時に何を書こうか迷い、筆が止まることは減るはずだ。

また、図や表を使うならば、このタイミングで使う図や表の選定と、その順番決めを行っておく。(タイトルを最初に決めるという人と、グラフとその順番を最初に決めるという人の2通りを目にする。ここは個人の好みやケースバイケースだと思う。)

 

結論を決める

前項とやや被る話になるが、論文やレポートのゴールや結論を先に決めておくと、さらに筆は進みやすくなる。

「理科系の作文技術」の本では、目標規定文という名前で紹介されている(第2章)。

本文を書く際に、この結論に向かって書くことになる。

方向性が確定するので、話が右往左往することがなくなり、書きやすくなるのはもちろん、内容もはっきりしてわかりやすくなるはずだ。

 

各章や各段落では、言いたいことを最初にメモる

前項までは文章全体についての内容だった。

実際に本文を書き始めると、各章や各段落の中で、文章がとりとめのない感じになってしまったり、内容のバランスが悪くなってしまうことがよくある。

それを避けるため、各章では最初に、言いたいことをメモっておくといいと思う。

 

例えば、「グラフ3を示す→○○の効果を確認→△△の可能性→先行研究□□との比較」などとメモっておいて、

それをなぞるように文章を作成していく。

 

また、途中で執筆作業を中断した場合でも、再開しやすくなるメリットもある。

メモがないと、何を書く予定だったか忘れてしまうことがよくあるからだ。

 

1文1文は短く!

これは有名なポイントだと思う。英語、日本語限らず、とにかく文章は短く書けとよく言われる。

小説では長い文章のスタイルが多いためか、自分で書くときもついつい似たような長さになってしまうが、

わかりやすく論理的な文章を書く際には、意識的に短くするのは必要不可欠だ。

 

実際に書き始めると、短く書こうと意識しても、どうしても長くなってしまう。

「ちょっと長すぎるんじゃないか」と感じながら校正を重ねるのが丁度良いと思う。

 

ちなみに「理科系の作文技術」でも、短い文章を書く重要性は第8.1節で説明されている。

 

グラフや表は、word上で編集しない

Word上では、一応テキストボックスや図形ツールで図を編集することができる。

しかし、編集後に本文の文章を書き直していると、編集した図が本文変更に伴ってズレてしまう。

その度に図を再編集したり位置を調節したりしていると、無駄に時間が経過してしまう。(Wordの図の位置調整機能は、もう少し使いやすくして欲しい...)

f:id:boldmarker:20210307111041j:plain

この画面を見ただけでフラストレーションを感じますよね

 

グラフに説明書きや凡例を追加するときは、Powerpoint上で行い、

編集後のグラフはまとめて「図として貼り付け」とすればスムーズだ。

 

文章だけでは分かりにくいので、流れをスクショで説明したい。

Powerpoint上でグラフと、追記したいテキストなどを作成し、全選択して「コピー」する。

f:id:boldmarker:20210307112252j:plain

Powerpoint上の画面

 

②Word上で、画像を挿入したい箇所で右クリック→「図」を選択して貼り付ける。

f:id:boldmarker:20210307112256j:plain

Word上の画面

 

③貼り付けられた画像(=編集されたグラフ)のサイズを調整する。

f:id:boldmarker:20210307112300j:plain

一つの画像として貼り付けられるので、本文を編集しても位置がズレることがない。

 

表も同様に、画像として貼り付けるのがオススメだ。

後から再編集する時のために、この時つかったpptファイルはwordファイルと同じフォルダに保存しておくと良い。

 

引用や参考文献を入れる所には、随時メモ書きを

論文では参考文献や引用先を書くのが必須だが、いちいち文献リストに追加していくのは時間がかかる。また、後から文章をいじると文献番号を変更せざるを得なくなり、これもまた非常に手間がかかる。

逆に、後からまとめて参考文献を加えていくのも、漏れの原因となったり、どの文献を引用するつもりだったのか忘れてしまったりと、トラブルの原因になりやすい。

 

この折衷案として、[]や【】のような適当な括弧をつかい、

「同様の先行研究として、○○が挙げられる【△△先生の2010年の報告】。」

と文中にメモ書きしていくのが最適だと感じている。学術論文ならDOI番号でもいい。

そして最後に番号を振っていけば、手間をかけずに、また引用漏れを防ぎつつ、リスト化できる。 

 

文献管理ソフト"Mendeley Desktop"のように、word上でも動作する文献管理ソフトを使いながらでも良いが、

しばしば動作が重くなったり、引用番号を見てもどの文献を指しているのかわからなくなったりする欠点がある。

僕はいつも、執筆中は括弧書きで引用文献をメモし、最後にMendeleyでリスト化するようにしている。

 

校正は2転3転するのが当たり前?

いざ論文を書き上げ、見直しを行ったら、次は先輩や指導教員に論文を見せて、校正を加えていく段階になる。

この過程でしばしばストレスになるのは、なぜか校正が2転3転してしまい、「前回と修正の方向が違うじゃないか!」と思うことだと思う。

 

チェックする側も人間なので、その日の気分や考え方によって、校正が2転3転することがよくある。

また、ベストなのは1回で指摘点を全て挙げきることなのだが、1回のチェックでは見えてこない問題点や間違いというのが、どうしても隠れている。

僕自身、チェックする立場になると、どうしても前回の指摘に対して真逆の修正をしてしまったり、最終段階になって新たな問題点を指摘したりということが何度もあった...。

すみません、人間なので勘弁してください...。

 

その他:英文を書く際に手元においておきたい指南書2冊

英文を書く際のルールについてまとめられたベーシックな本。体裁の統一や英文法の確認にうってつけ。

 

「この言い回しは英語ではどう書くんだっけ?」という時に役立つ本。手元において辞書的に使える。電子書籍版もあり。

最近はググって解決することも増えてきたけれど...。

英語論文基礎表現717

英語論文基礎表現717

  • 作者:安原 和也
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【関連記事】

bricolage.hateblo.jp

bricolage.hateblo.jp

 (以上)