ブリコラージュと読書感想文

日々移り変わる興味関心や読んだ本の感想などを書き綴ります。

最近、グロテスクなシーンの多い作品が子供にも大ヒットするのは、要因があるのか?

最近のヒット作、グロくない?

鬼滅の刃が大人から子供まで大ヒットしている。

僕自身、一通り鑑賞して、炭治郎の心の清らかさに感動したし、ジャンプの原則「友情・努力・勝利」を見事に含んだ物語で、素晴らしい作品だと思った。

一方で、いくら物語を進める上で必要であったとはいえ、毎話のように出てくる残酷なシーンの描写は過剰で、エグいと感じた。

血の量も多い。昔「ボボボーボ・ボーボボ」がアニメ化された時、原作と比較して血の描写がなくなっていたので、子供向けアニメは血を描かない方針になっていくのだろうと思っていたが、そんなことはなかったようだ。

 

流行に水を差すつもりはまったく無いが、こういった顕著な変化にどのような要因があるのか気になってしまう性分であり、最近はこの社会現象の要因ばかりを考えている。

 

また現実的な問題として、もし僕の子供がそういったアニメ作品を観たいと言い出した場合に、観せてしまっていいのかどうか、判断に困ってしまう。

インターネット上でもそのような声があり、対応に苦心している親は多いようだ。

women.benesse.ne.jp

 

こちらのアンケート記事では、4歳以上の子には過半数の親が見せているという結果だったようだ。(映画はPG12です。念のため)

kokoharekochi.com

 

自分が子供の頃流行っていたのはもっとマイルドな内容だったような...?

僕が子供時代に流行していたアニメ作品は、総じて、デジモンポケモンといったファンタジックな作品や、ワンピースのような爽快な作品がメジャーだったと記憶している。

勿論青年向けは相当エグいのが流行っていたけれど、小学生や未就学児の世代も含んだ流行になった作品は無いと思う。

(そもそもアニメ作品の数が少なかった、という要因もあるかもしれないが)

 

 

なぜ鬼滅の刃が大ヒットしたか、という考察はインターネット上で既にありふれている。

それらをざっと読んだ印象では、「グロいからヒットした」というよりは、「グロいにも関わらず大ヒットしている」という関係を見出している内容が多い感じだった。

 

グロが受け入れられる/好まれるのは社会が潔癖になってきたから?

検索していく中で、興味深い記事を見つけた。

business.nikkei.com

特に納得のいった文章を引用すると、

「体験したくてもできなかったグロテスクな世界」が漫画に描かれてあれば、そこに興味を引かれるのは、ある意味当然であり、健全な心理なんです。

 社会環境が「清潔」になっていった結果、バランスを取るために逆に「グロテスクなもの」を見たくなる、という考えだと僕は解釈している。

 

そして、悲観的すぎる考えかもしれないが、

この現象が意味しているのは、いまや小学生すら社会の潔癖さを感じるようになってしまっているということではないか、

という疑問も生じている。

  

進撃の巨人」の中で、とても興味深いセリフを見つけた。とある残虐な行為を続ける悪役の発言だ。

ネタバレにならない程度に引用した。

 

人は残酷なのが見たいんだよ。

(略)…平和だろ?大変結構な事だが、何か物足りんのだろうなぁ。生の実感ってやつか?

進撃の巨人 第87話)

 このセリフを目にして、不思議とドキッとした。

自分の中にも心当たりがあった、ということだと思う。

 

今後も潔癖とは真逆の、グロテスクなものが好まれるのだろうか。それとも無相関に、流行の内容は移り変わっていくのだろうか。とても気になっている。

 

僕自身、「○○が△△だから社会全体が××になっている!」とひとくくりにしてレッテルを貼るような考え方は好きではないが、今回の記事の内容はそれに近い論調になってしまった。

あくまで、もしかしたらこういう要因もあるのではないか、という程度に考えている。

 

それにしても、このように社会現象を研究対象として分析するのも、新しい発見が尽きず面白い。

(以上)